引越し相場

引越しの相場を知って、引越し費用を安く抑える方法

 

 

このページでは、私の経験から引越しを安く抑えるには、
どうしたらいいのかまとめています。

 

 

今から引越しをしようとしている方には、
引越し費用を数万円安く抑えることができることがあるので
ぜひ試してみてください。

 

 

まず、引越しというのは、値引き交渉が可能です。

 

 

当初、私は、値引き交渉というのがあまり得意ではなく、
値段が高くても、それなりのサービスが受けられるのだろうなと
自分を納得させていました。

 

 

しかし、いろんな支払いが重なり、
経済的に厳しくなったのでなんとかいい方法がないかと
いろいろ調べてみました。

 

 

すると以外に多くの方が簡単に値引きしていることがわかり、
私も実践してみるとあっさり値引きしてもらえました。

 

 

しかし、今振り返ってみると
更に安く引越しできたと反省しています。
ここから、かなり詳しく書いていきますが

 

 

引越し料金を少しでも安くしたい方は、
このサイトを読んで自分で試してみてください。

 

 

 

1社に絞らない

 

 

最初のポイントは、1社に絞らないということです。

 

 

よくあるのが

 

 

「テレビのCMで見たことあるからあそこに頼んでみるか〜」

 

 

というパターンです。

 

 

一社に頼んで出された見積もり料金を
そのまま受け入れるのと、
このサイトで紹介する方法を使うのとでは、
あきらかに引越し料金が変わってきます。

 

 

引越し料金は、業者によって全然違います。
単身で近くに引っ越す場合
見積もりは、安い業者と高い業者では、2〜3万くらい開くことがあります。
これが家族で引越しとなると10万近く差が開くことがあります。
いくつか例をあげます。

 

 

 

広め1LDKで引越し大手4社を呼んで
見積もりを出してもらいました。

 

1社目のパンダは30万円
2社目のドラえもんは18万円
3社目の猫は17,5万円
4社目のハートは12万円

 

一番安い、ハートにしました。
1社目が30万円になったのは、
高級外国製の家具やインテリアが多かったので
値段を高くしてきたんだと思います。

 

 

 

今日、アート、アリ、アーク、サカイの4社に
訪問見積もりをしてもらいました。

エアコン工事込みの単身引越しで
アート、アリ、アークは、27000円前後でしたが
サカイだけ47000円。
引越し費用は、会社が出してくれるのでどっちでもいいのですが…

 

 

 

引越しは来月1日、見積もりの結果は、こんな感じ。
家族で近距離での引っ越し!2DK→3DK!

 

1社目は、ファミリー引っ越し。
ざっとみて、9万円。即決してくれるなら3万9千円
どこの業者も変わりませんよって言われてた。

 

2社目は、アリさん。
梱包も全部して4万5千円。粗品もくれた
営業の方の印象がかなりよかった。

 

3社目は、ハート引っ越しセンター。
8万円で値下げも無理で梱包も自分でしてくれと言われた。
更に朝8時〜15時までかかると。。。

 

4社目は、岡田引越しセンター。
まず他の業者の値段を聞いてきて、
それを聞いた後に4万円って言われた。
梱包は自分達でするとのこと。

しかし営業の方がかなり値下げしてくれたのでここに決定。

 

 

各社によってこれくらい違いますから
必ず、複数の業者に見積もりを出してもらい、
金額を比較することが重要です。

 

 

ちなみに2つ目の口コミの方でサカイだけ高かったとありますが

 

 

 

サカイが一番安かったが?
交渉次第で安くなるよ

 

 

という方もおられたので実際は、
あなたの引越しの条件により、
業者の見積もり価格は、全く変わってくるので注意が必要です

 

 

 

このように複数の業者に見積もりを取ったほうが
安い業者を見つけられる可能性が確実に高まります。

 

 

見積もりは、一括見積もりでまとめて取る!!

 

 

次のポイントは、見積もりを取る時に
無料一括見積もりで複数の業者に
まとめて見積もりを出してもらうことです

 

 

複数の業者に見積もりを依頼するときに、
それぞれの業者に個別で頼んで
見積もりを出してもらう人がいます。

 

 

これをやると
見積もり価格が高くなる可能性があるのです。

 

 

なぜなら個別に直接頼んでしまうと、
業者側にしたら

 

 

「うちで申し込む可能性が高いな」
「他の会社と見積もりを比較していないな」

 

 

と思われる可能性があるので
足元をすくわれた見積もりを出してくることがあります。

 

 

そうならないために
無料の一括見積もりサービスを利用しましょう。

 

 

それをするだけで

 

 

「引越し費用を他社と比較している」
「同じ条件で安かったらそっちの業者に頼む」

 

 

ということを暗黙にアピールすることができます。

 

 

業者側としては、
下手に料金をふっかけると依頼されないので
がんばった見積もりをだしてきます。

 

 

これが引越し費用を安く済ませる
シンプルで一番簡単な方法です。

 

 

もう一つ、無料一括見積もりのメリットとしては、
入力をまとめてできるという点があります。

 

 

一括見積もりを申し込む時の入力項目は

  • 荷物も数量や種類
  • 現在の住所
  • 引っ越し先の住所
  • 引っ越し希望日
  • 作業の時間帯
  • メールアドレス
  • 電話番号

などです。

 

業者ごとにに見積もりを出してもらおうとすると
毎回同じこと入力させられるので面倒臭いです。

 

 

特に荷物の種類の項目は、
入力が面倒臭いので

 

 

1回入力するだけでまとめて見積もりを出してもらえる
一括見積りサイトはとても便利です。

 

 

無料の一括見積もりサービスは、いろいろありますが
私のオススメのサイトを紹介します。

 

 

引越し料金が最大50%割引・・・ 引越し価格ガイド

 

 

この「引越し価格ガイド」を使えば最大10社の引越し費用を
比較することができます。

 

 

全国の引越し業者100社以上が登録しているので
テレビCMでお馴染みの大手の業者から
その地域だけでやっている中小の引越し業者まで多彩です。
各社、いろんな料金を提示してくるので安い見積もりは、必ずあります。

 

 

ただ、このような一括見積もりサービスは、
他にもいっぱいあります。

 

 

「じゃあ、なにを基準に選べばいいの?」

 

 

という疑問に思うかもしれません。

 

 

それは、一括見積もりサービスを
運営している会社の信頼性をみればいいのです。

 

 

このサイトで紹介している「引越し価格ガイド」は、
東証一部上場企業の「エイチーム」が運営しています

 

 

この会社は、コンプライアンスも選定基準もしっかりしています。
それによりある一定レベルをクリアした業者でないと登録できません。

 

 

エイチームとしても変な業者をいれて、
企業イメージを落とすわけにはいかないので
選考とその後の監視は、厳しく行っています。
よって女性の方も安心して使えるのが特徴です。

 

 

安い業者ばかり集まった
一括見積もりサービスを利用すると、
荷物の破損や紛失、保証制度の不備など後で
後悔することがあるので注意しましょう。

 

 

ここまでである程度、信頼性があり、
引越しが安い業者を絞り込むことができます。

 

 

でも更に安くできます!

 

 

交渉で値切る

 

 

一括見積もりで各引越し業者の価格を把握したら
次は、正式見積もりになります。

 

 

一括見積もりを取った業者から
メールや電話で連絡があるので

 

 

日時を指定して、実際に家に来て荷物を確認してもらい
正式な見積もりを出してもらうのです。

 

 

ここからが値切り交渉のスタートです
ここから複数の業者に見積もりをとったメリットが出てきます。

 

 

「あそこの引越し業者は、○○円でしたよ」

 

 

と安い業者の見積もり料金を交渉に使って、値下げしていきます。

 

 

一括見積もりで

安かった業者から順番に家に呼ぶのがポイントです。

 

 

安い見積もりを手に入れて、
高くてサービスの良さそうな引越し業者の
価格を下げるという方法もあります。

 

 

比較的近場に引っ越す場合、
地元密着型の中小企業の方が大手より
安くなる傾向があるそうです。

 

 

このケースだと先にやすいと思われる
中小の業者に家に来てもらい、
正式見積もりを出してもらいます。

 

 

そして、次に大手の業者を呼んで、
先に呼んだ中小企業の安い見積もりを交渉材料に使って、

 

 

「先ほど呼んだ業者だともっと安かったですよ」

 

 

と言いましょう。

 

 

また料金を下げるのを拒否する会社には、
サービスを無料でつけてもらう交渉もできます。

 

 

「これ以上、料金は、下げれない」と言われたら、
では、代わりにダンボールをダタにしてください。
包装資材費をうかす交渉方法もあります。

 

 

また最安値を提示した業者からも最後に

 

 

「料金の端数だけでも値切ってくれれば、決めます!」

 

 

と言ってうまく行った方もいます。

 

 

あと時間に融通が聞くことをアピールし、
値切る方法は、とても効果的です。

 

 

さすがにただ「安くしろ」の繰り返しでは、
業者も嫌がります。

 

 

そこで安くする代わりに
こちらも条件の面で妥協すると値引きしやすくなります。

 

 

よく使われるのが

 

 

「業者さんのスケジュールが開いている時でいいので安くしてください」

 

 

という方法です。

 

 

引越し業者のスケジュールが開きやすい時期とは
3月中旬〜4月前半、12月後半〜1月前半以外の時
月初、月末以外の時
土日ではなく平日
午前ではなく、午後

 

 

また仏滅の日などに引越しするのも
引越し料金を安くするコツです。

 

 

引越し業者としては、暇な日に
従業員やトラックをあそばせておくことを嫌がります。

 

 

よって引越し業者の都合のいい日に
してくれるお客さんは、大歓迎です。

 

 

ただし、早めに予約しないと
業者のスケジュールが埋まってしまうことがあるので
引越し先が決まったら
すぐ一括見積もりを申し込みましょう。

 

 

一括見積もりを利用すると
このような2次的な使い方で
料金を安く抑えることもできます。

 

 

あと注意点として
引越し業者は、正式見積もりの時に、
即決を求めてきます

 

 

しかし、ここは、遠慮せずに断りましょう。
あなたは、お客さんですし、
全て比較した方が安くなるからです。

 

 

また、不安な点があれば
必ず見積もりの時点で確認して、
見積もり書に明記してもらいましょう

 

 

不安な点を曖昧にしたまま当日を迎えると
「これは、聞いていなかった」
といって追加料金を請求されることがあります。

 

 

見積もり書に明記してもらうのは、
見積もりに来る営業の人と作業員の人は違うので
話が伝わっていないというのは、よくある話だからです。

 

 

ここまで引越し料金を安くする話ばかりしましたが
やはりサービスのことも気になると思います。

 

 

「安いならその分、サービスも悪いんじゃないの?」

 

 

これは、多くの方が思うことです。
しかし、多くの引越し体験談を呼んでいると
大手の業者であっても悪い口コミがかかれていることがあります。

 

 

理由は、忙しい時期など
短期でアルバイトなどを雇ったりしているので
どうしても作業の質は、落ちてしまうのです。

 

 

そこで私が引越しの際に使った方法は、
差し入れです。

 

 

ジュースやお菓子などをいっぱい買って来て
作業前に終わったら食べてください。
と言って渡しておきました。

 

 

これだけで印象が全然かわります。
特に若い子は、すごくがんばってくれました。

 

 

引越しの見積もりで数万円節約して、
当日1000円程使うだけで
作業員のやる気を引き出すのです。

 

 

交渉で値切って喜んでいても
業者側に「ここは、安く値切られたところか。。。」
と思われて雑な仕事をされたら困ります。

 

 

ちょっとした気遣いで全然違ってくるので
是非、やってみてください。

 

 

 

 

引越し料金を安くする方法のまとめ

 

@無料一括見積もりサービスを利用して、業者の価格を比較する。

 

おすすめの一括見積もりは、こちら

 

 

A安い見積もりの業者から順番に呼ぶ。

 

 

B安い業社の正式見積もりを使って後からくる業者に値下げ交渉をする。

 

 

C値下げ交渉の時は、引越しの日時などを妥協するなどして
業者側に値下げする理由を作ってあげると業者側も値下げしやすい。

 

 

D最後に引越し料金の端数だけ安くしてもらったり、
包装資材をおまけしてもらう。

 

 

E不安な点があれば、見積もりの時に確認して
見積り書に明記してもらう。

 

 

F引越し当日は、差し入れを使って、
業者に良い印象を与えて、きちんと仕事をしてもらう。